にわかSteamerのメモ帳

PCゲームや人工知能関連の話題についての日記

【Conoha VPN】minecraft 1.17へのバージョンアップ方法

現在,minecraft 1.17が配布されみなさんアップデートされていると思います.

そのなか,Conohaのテンプレートサーバを使っている方はアップデートのため以下の方法に従っている方も多いのではないでしょうか.

Minecraft JAVAをバージョンアップする|ConoHa VPSサポート

実はCentOsのテンプレートサーバにおいては,上記の方法を取った場合エラーが発生してサーバが起動しなくなる可能性あります(自分の環境では発生).今回は,その対処法を記しておきます.

1. minecraft serviceを停止する

systemctl disable minecraft-server.service

2. JDK16をダウンロードする

minecraft 1.17からJDK16が必要になったため,JDK16をインストールします.

Java SE Development Kit 16 - Downloads

上記サイトから,Linux x64 RPM Packageをダウンロードします.

その後,rpm -ivh jdk-16.0.1_linux-x64_bin.rpmでJDK16をインストールします(ファイル名は違うかもしれないので確認してください)

3. アップデートパッチを当てる

Conohaのオリジナルのアップデートパッチではエラーが発生するので(JDK16では使えないオプションを使っている),自分が作成した修正版のパッチを使ってください.

curl https://gist.githubusercontent.com/umepy/b87f9266de8f8bd5e964b437c80cfffc/raw/3b0933173ba176fa8b993a309f8ef946bbf0d415/verup_to_latest.sh | bash

上記コマンドを打てば自動的にアップデートがされ,サーバが起動すると思います. systemctl status minecraft-server.service でエラーが表示されていなければ正常に起動しています.